IPAA(外国人入管手続研究会)とは

 IPAA(外国人入管手続研究会)とは、東海地域の行政書士有志で構成する任意団体で、外国人に関係する国内外の法令はもとより、諸制度及び実務の運用などを調査研究し、その情報を外国人及び関係者の皆さんに積極的に提供するよう努めています。
 それにより外国籍市民の皆さんが正確かつ最新の情報に容易に接し、安心して日本で生活していただける環境づくりのお手伝いができればと考えています。

代表 先本 賢一

設立趣旨

 本会は、出入国管理及び難民認定法、国籍法、戸籍法などの専門家たる行政書士が、外国人及び関係者に相談業務を行い、研究会を通じて研鑽を深め、法律上の正しい知識を伝えることにより、外国人が住みやすい社会環境の実現をめざし、もって日本の国際化に貢献することを目的とする。

(外国人入管手続研究会(IPAA)規約 第3条)

入会希望の方

当会の目的・趣旨に賛同する行政書士は、下記メールアドレス宛に下記必要事項を記入の上お問い合わせください。

①氏名または名称
②事務所所在地
③所属単会・会員番号
④入管業務の取扱実績について

問合せメールアドレス
kohoipaa@ipaa-nagoya.com